健康トークはじめます

害を及ぼす睡眠不足とダイエットとの関係とは

睡眠不足はダイエットの敵と言われますが、その理由は1つではありません。
睡眠が不足すると、食欲をコントロールするホルモンのバランスが崩れ、食欲を増進させる「グレリン」が増える一方で食欲を抑制する「レプチン」が減ります。その結果、空腹感により自然と摂取カロリーが増えてしまいます。
また、夜更かしをして起きたままでいると、リラックスしている時に優位になる副交感神経が働かなくなります。副交感神経は体の疲れやダメージを回復する役割をもち、これが十分に働かなくなると、代謝が落ちてエネルギー消費も低下します。
さらに、睡眠不足により、糖を脂肪に変える「インスリン」や筋肉を脂肪に変える「コルチゾール」の分泌が増えたり、成長ホルモンの分泌が減って代謝が落ちたりするということにもつながります。
ダイエットを成功させるには、睡眠環境を見直すことが不可欠です。