慢性化した不眠や睡眠不足が体にもたらす影響

免疫力が低下したり美容活動の成果が上げられず、さらには日常生活に支障をきたす要因となる現象があります。不眠および睡眠不足です。これらは人体に種々の影響をもたらすので、慢性化していることはいただけません。にもかかわらず睡眠不足または不眠が慢性化すると、特に日常生活に不都合が生じます。
活発に動くことができていた人でも、不眠もしくは睡眠不足が改善しなければ所作が鈍りやすくなります。完全に目が覚めているように見えますが、実際には睡眠不足を補うために脳が休止状態に入るからです。断続的に睡眠時と同様の状態が脳で起こるので、考えた内容を即時的に動作として表せないというわけです。絶えず動いていても、脳の何割かは働いていないことが多々あります。