睡眠不足が原因で生じる肌トラブルとは

睡眠不足は健康にダメージを与えるだけではありません。肌トラブルの原因にもなります。
若いから、元気だからといって睡眠が実際必要とするよりも少ないなら、お肌にも大きな影響を及ぼすことがあります。
睡眠不足が続くとお肌が乾燥し、ハリやツヤが失われます。お化粧のノリが悪くなるように感じるかもしれません。また肌のサイクルが正常に働かないことでニキビや吹き出物がでることがもあります。美人は夜作られるというように、お肌の自動修復が行われるのは夜間です。これによりお肌の老廃物が自動的に排除され、新しい細胞を作ることを助けます。特に夜の10時から12時はゴールデンタイムと言われていますから、この時間帯には寝ているようにしたいのではないでしょうか。