意外な関係?睡眠不足と喫煙の関係

喫煙習慣がある人の多くは、運転中の眠気覚まし、疲れたときなどにタバコを吸いたくなります。
これはタバコがもっているニコチンがアドレナリンの分泌が促進され、脳が活性化するからです。一日を終えて一服してから床に入れば、よく眠れると思われがちですが、良い睡眠のためには完全に逆効果です。十分な睡眠時間をとっているとしても、脳が活性化している状態では質の良い、深い睡眠を得ることはできず、浅い眠りとなり、一日の疲れがとれません。疲れがとれないとタバコを吸いたくなり、また眠りが浅くなり、完全に悪循環におちいります。禁煙するのが最良の策ですが、睡眠不足解消のためには、せめて寝る前くらいは禁煙をしてみるのがいいでしょう。