ストレスによる睡眠不足

一般的に使われている日ほど、眠りやすいと言われていますが、それはあくまで肉体疲労の場合です。
スポーツ等で肉体が疲労した場合は、すんなりと就寝出来ますが、一方で人間関係のストレスから来る心労を大量に抱えていた場合は、むしろ寝付きが最悪になります。

睡眠不足の原因として人間関係のストレスは上位にランクインします。
布団の中であれこれ悪いシミュレーションをしてしまうと、もはや寝るどころか返って脳内が興奮し、徹夜状態に陥ります。
ストレスから来る睡眠不足は精神障害や抜け毛の原因にもなりますので、不眠症状を甘くみてはいけません。
必要であれば、心療内科などに相談し、具体的な対処法を聞きましょう。
睡眠薬もまた一時的な利用であれば負担も少なく、睡眠不足の改善に役立ちます。